はじめの一歩

 

02西側正面1hp.jpg008ラウンジ8hp.jpg022はじめ食堂2hp.jpgR0011638hp.jpgR0011665hp.jpg28フラッグと外観hp.jpg

 

 

 

 

 

人並みにブログをオープンして、今までの仕事これからのプロジェクトそして、仕事や趣味の世界で思うこと、それとなく書きとめて来ました。

その時間の中で「東日本震災」や「熊本地震」がおこり、われわれの立つ位置が問われてきました。

また、私がテーマにしている高齢者の住環境についても戦後団塊世代が高齢期を迎えるにあたって大きな変革が起こっています。その変革は日本のみならず、隣国の中国でも深刻な問題として、早急な対応が求められています。

今年、8年ほど以前から中国での高齢者住環境へのかかわりが「実」を結びます。70戸に満たないとても小さな「公寓(ホーム)」ですが、ユニットケアや認知症高齢者のグループホームなど初めての試みを行っています。

おおきな中国の「高齢者居住の社会」の中に投げた小石が、どのような波紋を広げていくか、とても楽しみです。

私たちのような小さな組織でも海外での仕事が現実になってきました。今回新たな気持ちで仕事に向かうべく社名を「惣道設計工房」と変更いたしました。手をかけてモノつくりをすることを社名に託しています。

 

2016年 9月

惣道和昭

 

 

 

 

laviedor_01hp.jpgR0011618hp.jpgoomiya04hp.jpg4 外観東面hp.jpgoomiya03hp.jpg

 

 

 

 

*当ブログ上の文章、写真、スケッチの著作権は当ブログ管理者に所属します。

転載その他の利用につきましてはブログ管理者へご連絡ください。

 

新年あけましておめでとうございます。

2021年の始まりを心からお喜び申し上げます。しかし、コロナ渦、多くの医療従事者にとっては単なる一日の始まりでしかありません。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大によって、生活が大きく変わりました。全世界一斉に降りかかった厄災は図らずも国のリーダーの資質をあぶりだし、いくつかは政治を担う者として失格の烙印を押さざるを得ません。彼らに我々の生活(安全)を託すことが出来るか、真剣に考えなければならないことに気づかされました。

仕事のやり方も変わらずを得ませんでした。が、設計の仕事はリモートではできないことが多くあることも解りました。今年一年は折り合いをつけながら進めなければならないと思っています。

今年も不自由な生活が続くと覚悟して、少しでも前向きに仕事を進めます。

今後ともよろしくお互教示くださいますようお願いいたします。

2021年 元旦