私たちの目指すもの

 現在進捗しているわが国の少子高齢化率は、社会生活にさまざまな問題を投げかけており、特に高齢者を取り巻く環境は経済、交通、医療・介護の問題を含め急激な変化をもたらしています。しかも現実の社会の構造と生活のシステムはそれらの変化に対応できていません。

特に居住環境は高齢者にとって近年の家族構成(少子化、核家族化)の変化も影響して、独居生活者等をはじめ、必ずしも安全で良質な空間が提供されているとはいえないのが現状です。しかも、いまある多くの居住空間が高齢者の生活の場として真にふさわしいものではなく、その反利便性は彼らが日常生活を送るうえで、多くの深刻な問題をもたらし、その解決は急務を要する状況にあります。

わたくしたちは、これら提起されている諸問題に対し、建築設計の分野で日常的に働きかけ、問題の解決と、高齢者にとって新しくより良好な居住環境を実現する努力を行うことを目的とし、建築設計を手段として正確で良質な情報の収集・発信と居住環境の整備および社会コミュニティーを創造するための努力を重ねます。 

平成17310会社設立趣意書から